本文へスキップ

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6378-9990

〒565-0835 吹田市竹谷町36-6

クリニック案内clinic guide

院長ごあいさつ

 
 2005年11月に開院以来子どもたちの診療を行っています。開院当初より目指している、こどもたちの健やかな成長を願い、診察室から明るい笑い声が聞こえるクリニックをめざし、安心して受診してもらえるように今後も努力していきたいと思います。
 昨年2020年は中国武漢市より広がった新型コロナウイルス感染症が現在全世界でパンデミックになっています。
昨年末より第3波で感染者数も増加し、医療崩壊の危機が叫ばれています。。子どもたちは重症化しにくいと言われていますが、少数例ではありますが死亡例も海外では報告されています。やはり感染しな1月より2度目の緊急事態宣言が出され、日常生活が制限されています。今回のコロナウイルスは子どもが感染しにくい、感染させにくいという特徴を持っていますが、感染予防に今後も力を注ぐ必要があります。昨年末より海外ではワクチン接種が始まりましたが、まだ十分なデータが得られていません。ワクチンで免疫が得られることに大いに期待します。16歳未満の小児におけるワクチン接種は今回は見送られル予定です。
ワクチンだけでなく治療薬が早く開発されることを期待しています。
当院では発熱患者は入口を別にして他の受診者と導線を別にしています。
 
 乳児健診は今後も充実させて両親の育児不安を解消のためにアドバイスを行い、子どもたちの成長を見守りたいと考えています。
 3歳児健診で視力障害・弱視の早期発見のために新たにスポットビジョンスクリーナーを導入しましたが、発達障害や自閉症スペクトラムの子どもの視力検査に役立っています。
 アトピー性皮膚炎・気管支喘息・アレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎などのアレルギー疾患の子どもたちが近年増加しています。治療の長期化のために起こる家族の不安を軽減できるように、医療に励みたいと思います。
 予防接種について
 昨年10月よりロタワクチンが定期接種となりました。流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)予防のムンプスワクチンの早期定期接種化を早く実現してほしいと思っています。
 子宮頸がんワクチンは未だ積極的勧奨が控えられたままです。諸外国ではワクチン導入により子宮頸がんの発症数が減っており効果が上がっています。副反応出現時の対策もとられており、昨年末に自治体より厚生労働省が作成したリーフレットを高校1年生に配布されました。熟慮されてワクチン接種に来られた方が数名おられました。今後も接種希望者が増えることを期待しています。
同時接種が多くなり一人の接種にかかる時間が長いため予防接種の時間帯は田中啓子医師に応援をお願いしています。

 
麻疹(はしか)・水痘(水ぼうそう)・流行性耳下腺炎(おたふく風邪)にかかった子ども達(予防接種のおかげで隔離の必要な患者数は減っています。麻疹の患者さんは開院以来診察を行ったことがありません。)との接触を避けるために隔離診察室を設け、免疫力の弱い生後3ヶ月未満の乳児や母乳栄養の乳児には授乳室で待っていただくように配慮しました。また玄関はバリアーフリーでバギーや車イスのまま入ることができます。
2021年1月


経歴

院長  田中 裕久

     大阪府岸和田市出身(1955年生まれ)
     1975年大阪府立三国ヶ丘高校を卒業後、大阪医科大学に入学、
     1981年に大阪医科大学付属病院小児科医局に入局
     1983年から2年間大阪府立母子保健総合医療センター新生児科で研修。
     1985年より大阪府済生会吹田病院に勤務
     1998年新病院移転後は2003年まで新生児集中治療室部長として周産期医療に携わってきました。

専門   小児科学・新生児学

資格   医学博士・日本小児科学会専門医

所属学会・研究会
     日本小児科学会 日本周産期新生児学会 日本新生児成育医学会 日本小児アレルギー学会
     
     


済生会吹田病院新生児集中治療室で小さな赤ちゃんと共に多くの時間を過ごしてきました。子どもの誕生は感動的で、皆が限りない可能性の秘めていて、多くの感動と勇気を与えてもらいました。今後は小児科医として地域医療に貢献したいと考え、2005年11月に開院しました。


 順番予約 たなか小児科クリニック

 パソコンから
    
 携帯から
    http://paa.jp/t/128501/